ここから始めるクレジット歴の作り方 主婦編

前回、大学生のクレジット歴の作り方を解説しました 収入のない専業主婦の方も基本は学生さんのクレジット歴の作り方と同じです 無収入でも世帯収入があれば、ちゃんとクレジット歴は作ることができます 

ご主人名義の家族カードだけでなく、自分名義のカードがあるといいことがたくさんあります 特にマイル&ポイント活動は二人でカードを作ると2倍になりますので、是非ご自分名義のカードを作ってたくさんマイル&ポイントを貯めるようにしましょう

専業主婦のクレジット歴の作り方

収入がない専業主婦でも自分名義のクレジットカードを作ることはできます 何故なら、世帯主であるご主人が本会員のクレジットカードの家族カードを使っているとしたら、もう既にクレジット歴が構築されているからです クレジットスコアもちゃんとありますよ

マイル&ポイント活動に特に興味がないなら、そのままずっと家族カードのままでも問題ないでしょう 家のローンも、車のローンやリースの際も ご主人のクレジット歴で審査は通りますし、ご自分名義のカードの必要性は特にないと思います これから独り立ちをしていかなくてはいけない学生さんとは違うところです 

そこで陸マイラー活動に目覚めてしまったとしたら、これはもうご自分名義のカードを作らなくてはマイル&ポイントの貯まり方が全然ちがうわけです ご夫婦二人で頑張れば、更にたくさんのマイル&ポイントが貯まります 目覚めてしまった主婦はここから始めて下さい


ここから始める

ご主人名義の家族カードがあるというところから始めます もし、クレジットカードを1枚も持っていない専業主婦の方は、ご主人名義の家族カードを発行するところから始めて下さい

渡米間もない方などでアメリカのクレジット歴が夫婦揃ってないという場合は、日本のクレジット歴で承認される ANA Card USA JAL USA Card からスタートしましょう ご主人が本会員+奥様は家族カードで申請して下さい これで二人同時にクレジット歴が始まります


自分名義のカードを申請する

家族カードからスタートして、一年ほどすると本会員であるご主人のクレジットスコアも良くなってきている(ご夫婦で同時に作った場合)と思います いよいよ自分名義のカードを申請しますが、最初の一枚は出来る限り審査が緩めのカードを選びます 申請の際はご自分の収入がなくても、世帯収入を記載して申請できます


Chase に銀行口座を開設するのも一つの方法


Chase では、口座開設の際に頻繁にキャンペーンをしており、規程の金額をデポジットして Checking & Saving 同時開設で500ドル程もらえることが多いです もしくは、Checking だけで200ドルなども見かけます その際にFreedom などの年会費無料のクレジットカードの Pre Approved がないか聞いてみるのもいいでしょう Pre Approved が貰えなくても、銀行口座を開設すると オンラインでクレジットスコアがチェック出来ますので、戦略が立てやすくなります まずはご自分のスコアを確認してみましょう


Amex 家族カードからなら簡単

もし、家族カードがAmex だったとしたらより簡単です 大学生のクレジット歴の作り方の記事にも書きましたが、Amex は家族カードでも Amex にクレジット歴が出来ています 自分名義のAmex を申請すると、信用調査機関には照会されず Amex の記録から審査され、インスタントで承認されます

このような理由から Amex の家族カードを持っている場合は、承認される可能性が高くなります 実際に我家の息子も Amex の家族カードを高校生の頃より使っていましたので、はじめての自分名義のAmex もインスタントで承認されました それからわずか2カ月ほどしか経っておりませんが、新しく出た Amex SPG Luxury Card の Pre Approved オファーまで来てしまいました 年会費450ドルのラグジュアリーカードのオファーを無収入の20歳の大学生に送り付けてきます Amex、ナニ考えてるんだ! と思いましたよ 

でも、これは至極当然のことなのです 2カ月前に承認された Amex Everyday Card は年会費無料ですが、限度枠9100ドルも貰えました そして、この2か月でクレジット・スコアは確実に上昇し、Aスコア目前です つまり、カード会社は収入をみているのではなく、貴方の信用を見ています 息子は大学生なので Tax Return の収入はわずかなものです ないも同然の収入しかありません ほとんどが親の仕送りとして申請しています 専業主婦も同じです 世帯主に収入がある限り、世帯収入で申請できます 後は、しっかり利用と返済を繰り返していけば信用を築けます

私がAmex から始めるのを薦める理由はここにあります ANA Card や JAL Card の家族カードから始めたとしても、もう一枚 ご主人名義のAmexを作り、 家族カードを作ってしばらく利用すると Amex に履歴が残り、自分名義のカードの承認が容易になるはずです



クレジットスコアのあげ方

自分名義のカードを作って、さてこれからどうやってスコアを上げるか途方にくれている貴方にアドバイスがあります 実は特になにもすることはありません 自分名義のカードを必死で利用する必要もありません 家族カードがあれば、世帯主のご主人のスコアが上がると、家族会員にも反映します

息子の例で説明しましょう


クレジットスコア獲得 7月初旬

これが7月初旬の息子のスコアです この後、Amex Everyday を作りました カードを申請したり、キャンセルしたりすると少なからずスコアは下がりますが、8月の第三週のスコアは如何に?


着実に上昇


2カ月弱ですが、14ポイントの上昇です Aスコア目前まできました 


この間にどうしたのかといいますと、息子名義で新しく作った Amex Everyday はまだ入会ボーナスも達成していません   条件は1000ドルですが、1000ドル以下の利用額です 期限までに達成はしますが、急いで利用していません

もう一枚もっている自分名義の学生専用カード Deserve に至っては、この間まったく利用していません 主に利用しているのは、私名義の Ritz Carlton Visa の家族カードです Ritz Carlton は Visa カードなので、本会員の私と家族会員の息子のカードのナンバーは全く同じなのです なので、Ritz Carlton Visa の利用歴は全て息子の記録にも載るのです このカードの限度枠は3万ドル以上あり、限度枠に対しての利用金額の比率(Utilization)を下げるのに役立っています 主に利用して返済しているのは私ですが、確実に息子のクレジット・スコアを上げるのに貢献しています





無理に利用する必要はない

つまりこれですね 自分名義のカードを作ったら、もちろん入会ボーナスを獲得する条件まで利用するのは当然ですが、使えば使うほどスコアが上がるわけでもないのです 焦るあまり、限度枠いっぱいに使うことは絶対に止めましょう ステートメントが出る前に、先払いしてバランスをゼロか限りなく少なくしておくのもいいと思います

私はいつもステートメントを待たずに、オンラインでどんどん払います こうすることで、Utilization の数値を低くすることができます ご自分のカードの限度枠を早くあげたいならこの方法で頑張って下さい 使って返すを繰り返します

限度枠を上げる必要がないのなら、ご主人に頑張ってもらうだけで自分のスコアもあがります これが家族会員のメリットです

後は、節度をもってカードを作りましょう   あまりに立て続けにカードを作っていると、スコアは下がります カードを作る時は計画的に作るようにしましょう Amex のビジネスカードは魅力的ですが、最初の1枚にビジネスカードを選ぶのは専業主婦には難しいです Amex のビジネスカードはいずれ作れる時がくるまで焦らないで下さい 特に労働できないビザの方は難しいと思われます 永住権や市民権の方は十分なスコアがあれば個人でも Amex のビジネスカードは承認されやすいです


主婦におすすめのクレジットカード

Chase 派でしたら、Freedom & Freedom Unlimited の年会費なしのカードが最初の一枚にはおすすめです

Amex 派なら、年会費なしの Everyday から始めるのがいいでしょう グロッサリーストアでのポイントが1ドルにつき2ポイント貯まりますので日々のお買物に最適です Amex オファーも期待できるカードです




ありがとう!かもくん

本日の記事も 底値生活 in アメリカ さんのTwitter で紹介して頂きました 


0 件のコメント :

コメントを投稿