Chase Visa 最強伝説 決定版

人気記事の Chase Visa 最強伝説 ですが、新しい事実を発掘しました 私ひとりでは、検証できないことを お勉強会参加者の方に検証して頂きました 他にも読者の方から情報を頂いたり、みなさまの協力の元、記事を更新できることをこの場を借りてお礼申し上げます

ビジネスカードを作ることが出来る方は、Chase Visa 最強伝説 ビジネスカード編をご覧ください  個人カード以上の入会ボーナスが貰えます こちらの記事は、個人カードの方向けに再編集しました

最終更新 11/04/2019

Chase Visa 最強伝説 個人カード編



何故、最強なのか


これは Visa だからです Amex は使えないところが多々あります Costco はVisa カードしか利用できません  そうすると、Amex派でも必ず Visa もしくは Masterが必要になってきます Chase は Visa なので他のカードを持つ必要がないのです しかも、3枚使いをすれば 年会費は95ドル or 450ドルの どちらかで 外貨手数料がかからないカードを含みますので、海外でも安心して利用できます

Chase Visa 3枚を カテゴリー毎に使い分けるとたくさんのポイントが貯まります 1枚のカードだけを使うのとではポイントの貯まり方が違うのです  更に Shop through Chase という、ポイントがざくざく貯まるショッピング・ポータルを利用すれば正に最強のカードです

そして、貯まったポイントで Chase Travel から航空券を購入できますので、特典航空券のように空席をみつけるのが難しいということもなく、どのエアラインを購入してもいいのです フライトマイルだって貯まります マイルを使った特典航空券の発券を難しく感じている方には最適のクレジットカードです



親+子&子 の組み合わせを覚えましょう


親+子&子 で組み合わせて使う理由


年会費なしの Freedom & Freedom Unlimited だけでは、貯まったポイントはステートメントクレジットとしてしか利用できません ポイントをパートナーに移行することもできません 親カードを持つことにより、ポイントの利用範囲が広がります

Chase Travel でポイント払いにする際には、親カードがあれば ポイントの価値を 25% or 50% 増しにすることが出来ます 

5万ポイント 例:Chase Travel 利用時の価値

  • Sapphire Reserve 750ドル
  • Sapphire Preferred 625ドル
  • Freedom、Freedom Unlimited  ステートメントクレジットとして500ドル

親カードがあれば パートナーに移行できるようになる

1:1 で移行できるパートナーリスト

親カードがあると子カードで貯めたポイントを移行して利用することができます ポイントの価値も上がり、利用範囲が広がることがおわかりでしょうか



親カードは2種類

3枚使いの要の親カードは2種類です (3種類ありますが、3つめはビジネスカードなのでここでは触れません) 年会費95ドルと450ドルの 違いを学びましょう 普通は95ドルの Sapphire Preferred をおすすめしますが、利用の仕方次第では 年会費450ドルの元は十分取れますので ご自分にどちらが合っているかよく考えてみましょう


Sapphire Reserve (年会費450ドル、家族カード75ドル)
入会ボーナス5万ポイント 3か月以内に4,000ドル利用が条件

Sapphire Reserve
こちらの紹介プログラムは終了しました
直接 Chase サイトから申請してください



  • $300 Annual Travel Credit
最大のベネフィットがこのトラベルクレジットです 年間300ドルまでトラベル・カテゴリーの支払いが自動的にクレジットされます Amex プラチナのトラベル・クレジットに比べると非常に使いやすいベネフィットです これを消化すれば、年会費は実質150ドルになります

対象となるトラベルカテゴリーですが、かなり広範囲に及んでいます

Merchants in the travel category include airlines, hotels, motels, timeshares, car rental agencies, cruise lines, travel agencies, discount travel sites, campgrounds and operators of passenger trains, buses, taxis, limousines, ferries, toll bridges and highways, and parking lots and garages.(参照元:Chase 規約



  • 3X Points on travel and dining worldwide
3倍になるカテゴリーのうち、トラベルは上記と同じです かなり広範囲に適用されるということです ダイニングも世界中で適用されます

トラベル3倍は大注目ポイントです 日本のモバイルSuica チャージは 3倍になります!

  • 50% more in travel Redempiton
これは Chase Travel でポイント払いをする際に 50%増しになるということです 入会ボーナスの5万Chase ポイントは、Chase Travel 利用時には 750ドル分の支払いに利用できます


  • Global Entry & TSA Pre 申請料100ドルクレジット
  • プライオリティパス 利用回数制限なし(本会員+同伴者1名まで 8/26より)
  • 外貨手数料なし


他にもベネフィットありますが、主なものを挙げてみました 450ドルの年会費の回収は難しくないカードです 中でも300ドルのトラベルクレジットを確実に利用すれば、年間150ドルの負担で ポイントを50%増しで Chase Travel で利用できるのはかなり検討に値すると思います


Sapphire Preferred (年会費95ドル)

初年度年会費免除にはなりませんが、入会ボーナス6万ポイント ←期間限定(通常5万ポイント)

  • 3か月以内に4,000ドル利用が条件



紹介リンク


大きな違いはこれですね

  • 2X Points on travel and dining worldwide
  • 25% more in travel Redempiton
トラベルとダイニングが2倍、Chase Travel 利用時のポイントは25%増し



  • 外貨手数料なし
プライオリティパスやグローバルエントリー申請料クレジットなどは付帯していません


どちらが自分にあっているかよく考えてみましょう

トラベルクレジット300ドル消化前提とすると、年会費は95ドルvs.150ドル ということになります  95ドルor450ドルなら検討の余地がなくても、55ドルの差なら考えたほうがいいでしょう 年間55ドルの差で、5万ポイントのボーナスが 750ドルになるか、625ドルになるかの違いです つまり、年間5万ドル程のポイントを貯めることができれば Reserve を選択したほうがいいということになります ポイントの50%増しは大きいです

反対に、年間2~3万ポイントほどしか貯まらない方は 迷わずPreferred でいいと思います 親カードを理解したら次は子カード2枚です



子カードも2種類

Freedom (年会費無料)外貨手数料あり
入会ボーナス150ドル (15000ポイントとして貯まります)
只今、200ドル(2万ポイントとして貯まります)に入会ボーナスアップ中
3か月以内に500ドル利用が条件

Freedom
紹介リンク
2万ポイントに入会ボーナスアップ中!



Freedom の特徴は四半期ごとに5倍になるカテゴリーが入れ替わるということです このカレンダー以外のカテゴリーは 1ドルが1倍にしかなりません

Freedom キャッシュバックカレンダー2019


毎年ほぼ確定しているのがこのカテゴリーです 追加されるカテゴリーはその年によってかわります 


  • 1~3月ガスステーション
  • 4~6月グロッサリーストア
  • 7~9月レストラン(例年レストランでしたが今年は違っています)
  • 10~12月デパート、
注意:2018年第3期 Gas Station、Lyft、Walgreens 第4期 Wholesale Clubs、Chase Payが追加されました

四半期ごとの上限は1500ドル、例えばグロッサリー枠をMax利用したとすると7500ポイントになります 


注意:四半期ごとにカテゴリーが変わる際にオファーをアクティベイトする必要があります


Freedom Unlimited  (年会費無料)外貨手数料あり
入会ボーナス150ドル(15000ポイントとして貯まります)
只今、200ドル(2万ポイントとして貯まります)に入会ボーナスアップ中
3か月以内に500ドル利用が条件

Freedom Unlimited
現在、下記の$200 キャッシュバックオファーになっています


このカードは全ての利用が、1.5倍になるカードです 大変わかりやすいですね


現在、新しい入会オファーが出ています 
3か月以内に500ドルの利用で 2万Chase ポイント


紹介リンク





カードを作る順番


親カードの入会ボーナス条件が 3か月で4000ドルなので、ここを達成出来る時に親カードを作ります 子カードは3か月で500ドル利用が条件なので、ご自分のタイミングで作りますが、 それぞれのカードを申請する間隔は最低でも1か月は空けなくてはいけません Chase は1か月以内に2枚のカードを承認しません

後は、Freedom カテゴリーで利用頻度が高いものになっている時は Freedom を先に申請するのもいいでしょう

注意:Chase は2年以内に5枚までのクレジットカードしか承認しません キャンセルしたカードも家族カードも含まれます 既に5枚に達している場合は 2年以内5枚以下になるまで待つ必要があります

入会ボーナス最大化

注意:Sapphire Reserve の紹介プログラムが終了しましたので CSR から紹介ボーナスを得ることができなくなりました Sapphire Preferred の紹介ボーナスは貰えます


新しく検証できてわかったことはここです 同じ住所に居住している家族ならば、親カードにポイントを移行してポイントの統合ができることがわかりました 住所が同じであれば家族である必要はないようなのですがそこは検証できていません 家族間なら本会員の名義が違うアカウント間で移行できることは確認できました

ということは、年会費無料の Freedom &Freedom Unlimited の家族カードを発行してはいけないということです 年会費無料の子カードは、家族それぞれが本会員として作るべきです 親カードは家族で1枚あればいいので、その親カードに全ての家族のポイントを移行して統合できます

  • 夫婦二人でそれぞれ子カード2種類 : 入会ボーナス 15000P×4 =60000P
  • 夫婦二人で本会員+家族として子カード 2種類:入会ボーナス 17500P×2=35000P

6万ポイントにできるか、3.5万ポイントで終わるかの違いは大きいです 入会ボーナス狙いで、親カードを夫婦二人でそれぞれ作った後に、どちらかのカードをあとでキャンセルしたとしてもポイントの統合はひとつの親カードで出来るということがわかりました 

夫婦二人の場合で比べてみます

合計6枚作った時の入会ボーナス:16万ポイント(年会費190ドル or 900ドル)

夫:親+子&子(5万+3万+3万), 妻:親+子&子(5万+3万+3万)
それぞれが本会員で作りますが、あとでどちらかの親カードをキャンセルできるということです

親カードが Sapphire Reserve なら、16万ポイントは、Chase Travel で2400ドル分の利用ができます 年会費450ドルが2倍で900ドルですが、トラベルクレジットが300ドルの2倍の600ドル分使えますので実質 年会費300ドルにすることができます

親カードが Sapphire Preferred の場合、16万ポイントは Chase Travel で2000ドル分の利用ができます


入会ボーナスを最高の18~19万ポイントにする方法


夫婦で合計6枚のクレジットカードを作るわけですが、必ず先に入った方の紹介で次の方が作るようにすると、紹介ボーナスがそれぞれ1万ポイント貰えます 3枚全部を紹介で作ると3万ポイントの紹介ボーナスが追加されますので最終的に 19万ポイントになります Chase Travel で利用する時の価値は以下のとおり

Sapphire Reserve の紹介ボーナスはありませんので、子カードのみの紹介ボーナスを2万ポイント 加算して、6枚の合計は 18万ポイントです Chase Travel で利用するときの価値は 

  • Sapphire Reserve 18万P: 2700ドル
  • Sapphire Preferred 19万P :2375ドル

ここまで違うとやはり Sapphire Reserve を作った方がいいと思いますがいかがでしょうか? 



3枚のカードにそれぞれ家族カードを付けて発行した場合の入会ボーナス合計9万ポイント(年会費 95ドル or 450ドル)

  • 親カード 5万ポイント+5000ポイント
  • 子カード 1.5万ポイント+2500ポイント
  • 子カード 1.5万ポイント+2500ポイント


年会費の負担は少々増えても 19万ポイントの方がいいですよね 


私の考える最強の組み合わせ


私はChase Ink 派なので、Sapphire Reserve を真剣に検討したことがなかったのですが、やっぱりかなりいいカードだと見直しました

夫婦+子2人 の4人家族、もしくは 夫婦+子1人家族の場合

  • Sapphire Reserve 本会員(夫)&家族(妻)+子&子 は夫婦それぞれ持つ:年会費 450ドル+75ドル(トラベルクレジット300ドルを利用して実質 225ドル

  • Sapphire Reserve &子&子を夫婦それぞれが持つ:年会費 450ドル×2 =900ドル  (トラベルクレジット600ドル利用して実質300ドル


この組み合わせが最強と考える理由は、プライオリティパスが2枚貰えるということです 子ども2人も一緒に利用できます 家族4人(家族3人も)でも全員プライオリティパス・ラウンジが利用できます Sapphire Reserve の家族会員(75ドル)は、別途プライオリティパス が貰えるので、夫婦それぞれがひとりの子を連れて入ることができます

最初は入会ボーナス狙いで Sapphire Reserve を二人とも作って、後からどちらかが家族会員になった方が年会費の負担は少ないということです




利用方法


Freedom の5倍カテゴリーは最優先で利用します Freedom を家族カードにせず、夫婦それぞれが持てば、四半期ごとの1500ドル枠が2倍使えるということです グロッサリー枠が3000ドルまで5倍になります  これだけで15000ポイントです  3000ドルも4~6月中に使わない時は、Max になるまでよく利用するグロッサリーストアのギフトカードを購入しておきます 

親カードは トラベルカテゴリーとダイニング&外貨決済 利用します 


その他は全て Freedom Unlimited で1.5倍にします

更に Shop through Chase を利用することで ポイントはざくざく貯まります Shop through Chase では Freedom Unlimited で決済が基本です  Shop through Chase 利用ガイド で Shop through Chase の使い方をマスターしましょう















8 件のコメント :

  1. はじめて拝見いたしました。質問させていただいてよろしいでしょうか。
    現在中西部在住で、クレジットカードはCITIのDouble cashを使っております。基本的に2% のキャッシュバックですので、すべてこれで決済しています。
    Chaseの入会ボーナスはかなりお得なのは理解できました。詳細なレポートをありがとうございます。初めのBonus以降についてですが、、親カードなら旅行と外食で3%か2%還元、フリーダムなら季節ごとに5%還元、Freedom Unlimitedならその他の買い物で1.5%還元、これらを組み合わせてポイントを稼いで、それを航空券を買うとするなら、Sapphire Reserveならさらに合計ポイントの1.5倍のポイント還元相当、Sapphire Preferredなら1.25倍のポイント還元相当の航空券ということの理解でよろしいでしょうか。そうするとやはり航空券を買うことが確定的である限り、現金での2%キャッシュバックよりも還元率は高いと考えてよろしいでしょうか?実際にはどのくらいのが還元率(ポイントでいうか航空券代金でいうかで変わってくると思いますが)になっていらっしゃるのでしょうか?よろしくお願いします。
    うちの場合は子供3人で日本に帰るのは二年ごと、帰国しないときは飛行機旅行をする年としない年が交互というかんじです。クレジットカードでのチケット購入は子供の分も使えるのでしょうか?
    あらためて大変勉強になりました。感謝しております。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん:

      ご理解なさっているとおりです 現在、ご利用になっておりますCiti のダブルキャッシュを確実に凌ぐリターンが得られます 特に一年目は入会ボーナスがありますので、大変な利益を得られます ボーナス獲得後も3枚のクレジットカードを使い分けることにより、ポイント率を最大化すれば年間にするとかなりのポイントが貯まります

      ポイントの利用方法ですが、本会員のアカウントでChase Travelから航空券発券やホテル予約をします ポイントが足りない場合は、残りをクレジットカードで決済します Chase Travel は Expediaのシステムを利用していますので、Expedia をご利用になるのとほとんど同じ操作です ご家族でも他の方名義の航空券も購入できます この点がマイルを使った特典航空券とは違うところで初心者の方でも簡単にご利用になれるはずです

      ポイントはChaseクレジットカードを使い続けている限り、期限切れもありませんのでマイルよりは使い易いはずです 是非、Chase3枚使いをご検討下さい とてもお得ですよ

      削除
    2. 返信ありがとうございました。早速Chaseを作って使い始めようと思います。ありがとうございました。

      削除
    3. 匿名さん:

      Chaseクレジットカードを申請の際には、ご相談承ります その方に合った申請順などをご指南いたします 最近、Chaseのルールは厳しいので、よろしければ LINE@もしくは連絡フォームよりお問い合わせください

      削除
  2. こんにちは。勉強になる記事をありがとうございます。現在ChaseのFreedomを持っているのですが、妻にFreedom Unlimitedを新たに開設してもらおうと思っています。Refferal でBonusをGetするためためには私がまずFreedom Unlimitedを持たなければいけないのでしょうか?よろしくお願いします。

    返信削除
  3. 匿名 さん:

    Freedom の紹介ボーナスが現在、できなくなっています 時間が経てば復活するかもと期待していましたが、既に半年以上紹介できない状態ですので消滅と認識しています Freedom Unlimited はまだ紹介ボーナスがございます 年会費なしのカードですので、ご夫婦それぞれに持たれてもいいかと思いますので、どちらかが先に申請された上でもう片方の方に紹介されるといいでしょう

    Chaseからターゲットで入会ボーナスが3万ポイント(300ドル相当)のオファーがメールで届くという情報があります ターゲットされていたらラッキーです

    返信削除
  4. ブログ主さま からUnlimitedカードの紹介はいただけますでしょうか? よろしくお願いします。

    返信削除
  5. 匿名さん:

    Freedom Unlimited の紹介リンクは、記事中にございます もしも、申請画面が表示されないようでしたら、ブラウザを変えてお試しください

    返信削除