Amex Hilton Aspire リゾートクレジット/宿泊なしで消化

Aspire のリゾートクレジットの期限切れが近づいていたのでレストラン利用で消化しました

Amex Hilton Aspire リゾートクレジット

年会費450ドルのAmex Hilton Aspire には素晴らしい特典が満載なのですが、中でもこの3つが凄いです

Amex Hilton Aspire の凄いベネフィット


ダイヤモンド資格が付帯しているだけでも信じられないくらいですが、カードの更新時に毎年無料週末宿泊特典1泊が貰えます この特典はカテゴリーの指定がありません 日本では ROKU京都やコンラッド大阪などで利用するのが最高にお得になります 更に250ドルのヒルトンリゾートクレジットも毎年貰うことができるので、リゾートクレジットが使えるホテルで無料週末宿泊特典を利用するのがおすすめの特典料か方法です ROKU京都はリゾートクレジット使えるホテルです コンラッドはヒルトンリゾートクレジットは使えません

ヒルトンリゾートクレジットが使えるホテルはこちらで検索できますが、日本には8つ該当ホテルがあります コロナ禍では無料週末宿泊特典の期限を延長されたり、平日でも利用できるようにと救済措置がありましたが、リゾートクレジットの延長はないのでうっかり期限切れしないようにしないといけません 私も期限切れが迫っているリゾートクレジットがあり、慌てて消化してきました

ヒルトン東京ベイ/王朝

東京の自宅から最も近いヒルトンリゾートクレジット対象ホテルはヒルトン東京ベイになります 宿泊なしでレストランの利用だけでリゾートクレジット適用になるか試してみました といいますのも、ヒルトンリゾートクレジット対象のホテルに宿泊している場合は、お部屋付けにすればすべてリゾートクレジットの対象になるのですが、宿泊していない場合はレストランで支払うので、そのレストランがヒルトン直営でない場合、リゾートクレジットにならない可能性もあるわけです 

予約は一休レストランなどの他社サイトからの予約は対象にならないので、直接ホテルサイトで予約しました ゴールド&ダイヤモンド会員は6月30日までレストラン利用が25%オフになるのでかなり豪華な食事ができることになります 

ゴールド&ダイヤモンド会員はレストラン利用25%オフ

予約したのはチャイニーズレストラン王朝の上条シェフが自信をもってお届けする新メニュー「シグネチャーコース」16,800円(税サ込)です 二人で33,600円ですが飲食代が25%オフになるので250ドルのヒルトンリゾートクレジットで余裕です ドル高の恩恵も十分ありました

クレジットの反映まで3日ほどでした 33,600円のコースにドリンクを入れても221.41ドル、スイーツのお持ち帰りが4.63ドル、合計226.10ドルがクレジットになりました 素晴らしいですね 

リゾートクレジットの反映



今回、宿泊をしないリゾートクレジット消化でしたが、無事クレジットになって大成功でした レストラン利用の場合は実際にクレジットになるまで安心できませんが、こちらのレストランはクレジットになると検証できてよかったです もし、クレジットにならなくても6月30日まで25%オフになるので挑戦しやすかったというのもあります 

特典満載のAmex Hilton Aspire のお蔭で豪華なホテルステイができるばかりか、リゾートクレジット対象のレストランで豪華なお食事も楽しむことができました ホテル修行なしでリワード最上級会員になれるのはAmex Hilton Aspire だけです 大変おすすめのホテルカードです


Amex Hilton Aspire はベストホテルカード



0 件のコメント :

コメントを投稿