日本へ帰省するなら T-mobile

海外旅行が多い方なら T-mobile の利用率は高いはず よっぽどの秘境にでも行かない限り、T-mobile なら世界中で Unlimited Data & Text です  更にカバーされる国が増えるそうですよ 

日本の陸マイラーさんは JALのあのニュースで持ち切りですが、本日は T-mobile のニュースを取り上げます JAL の件は、また別の機会に

T-mobile 情報

T-mobile

お得で便利すぎる T-mobile ですが、改悪&改善 情報です

国際通話料金値上げ情報


7/31以降の新しい請求書から 国際電話料金が値上がりします 

Simple Global Countries ⇔ アメリカ以外の国
Simple Global Countries ⇒ アメリカ

値上がりするのはこの場合です 

これまでは1分20セントでしたが、5セント値上がりして1分25セントになります

例:日本滞在中にアメリカに電話をすると 1分25セントになります

5セントですから許容範囲ですね そもそも最近通話はほとんど利用しません LINE通話なら Data利用なので無制限で使えますし、通話の機会は激減しています

アメリカから日本への通話料


間違えやすいのは、アメリカ から日本(外国)に電話する時は料金が国によって違うことです 一分25セントが適用されるのはアメリカ以外の国に居る時です

1分3ドル

固定電話、スマホどちらにかけても1分3ドルします もし、頻繁に日本(もしくは他の国)に電話をするなら  Stateside International Talk というプランに加入した方がぐんと安くなります ラインごとに月額15ドルの追加料金で 固定電話への通話は無制限、スマホへは 1分7セントになります

LINE通話などが利用できない高齢のご両親などに電話される場合はこのオプションを付けたほうがいいでしょう 



Simple Global Countries が増えます

こちらは改善情報です

Simple Global Countries が更に追加されて 154から 210+まで増えました 7/22から適用されます Simple Global Countries のリストはこちらで確認できます


T-mobile が Unlimited Data & Text を保証しているのは Simple Global Countries のリストにある国だけですが、210+もあるならほぼ世界中と言ってもいいでしょう 無制限Data で保証されているスピードは 2Gなのですが、はっきり言って今どき 2Gではどうにもなりません でも大丈夫、日本では既に2G回線は存在していませんので、自動的に 3G回線に繋がります 3Gなら、メールのチェックや LINE通話などは全く問題ありません 

道案内のアプリなどはイラっとくるスピードですが、そこは知恵で乗り切りましょう 予め行く場所がわかっていれば、スクリーンショットを撮っておきましょう これでなんとかなります

注意するのは追加のプランです

これは必要ありません

日本限定ですが、この追加25ドルのプランに入ってもData Speed は2倍にはなりません 3Gが 4G LTE にはならないのです 3Gのままなので Data Speed のアップグレードを期待してこのプランを追加するのはやめておきましょう 2Gの国なら、3G 回線にアップグレードされるということです


こんな使い方も

日本の大学に進学されるお子さんにも とりあえずは T-mobile を持たせておけばなんとかなります 慌てて日本の携帯電話の契約をする必要はありません 日本の電話番号もあったほうが何かと便利ですので、050 の番号は取得しておくことをおすすめします



あとは、しばらく使ってみてどうしても日本の携帯を使いたいということになったら、格安SIM もありますので、いろいろ検討してみて決めましょう アメリカに帰省した時はこちらのスマホをキープしている方がいいですし、T-mobile なら料金的にも負担になりません 我家の息子も半年間のイギリス留学中は T-mobile とイギリスのプリペイドSIMを併用していました アンロックフォンがあれば プリペイドSIMや格安SIMが挿せます

デュアルSIM機種だと2枚のSIMが挿せて便利です iPhoneでもデュアルSIM機種が出るとか出ないとか噂もありますし、それなりの需要があるんですよね

私は普段使っているスマホがそのまま日本で追加料金なしで使えるので T-mobile に大満足しています







0 件のコメント :

コメントを投稿